面接時の服装について

初めてアルバイトの面接に臨む際には、働くことを希望する店舗や企業の雰囲気に合わせて、清潔感ある服装にすることが大切です。特に髪型は、全身の印象を左右してしまうほど大事な部分なので、前髪は目を覆ってしまわないような長さにするのが基本です。女性の場合は、ロングヘアの方はまとめた方がすっきりとします。メイクはナチュラルに仕上げて、きちんとした印象を演出しましょう。服装は、無地か淡い感じのブラウス、キレイなニットなどにパンツかスカートを合わせますが、ミニスカートは避けた方が無難です。足元はサンダルは避けて、シンプルなパンプスや革靴を合わせます。間違っても露出度が高い服装は避けるようにします。男性の場合は、営業職に関わるアルバイトならスーツを着用し、それ以外であれば襟付きのシャツなどが向いています。靴は革靴が最適ですが、私服可となっているアルバイトならば、汚れていないスニーカーなどでも大丈夫です。ボロボロになっているズボンやデニムは極力避けて、見た目がキレイなパンツを選びます。男性、女性ともに、派手な印象のピアスなどは面接の際に印象が悪くなってしまう可能性があります。女性なら、長すぎる爪やネイルはマイナスの印象を与えてしまう可能性があるので短めにしておきましょう。男性も女性も、履歴書や筆記用具などの入るサイズのバッグを持って行くことをお勧めします。当日、聞きたいことなどをメモする際に筆記用具が必要になったりすることがあるためです。きちんとした服装をしておくことで、自信を持って面接に臨むことができます。まずは、事前にアルバイト先をリサーチした方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です